甘酒ってきくと、酒粕で作った甘酒を思い浮かべる方が多いですが
最近「飲む点滴・飲む美容液」として注目されている甘酒は米麹から作るものです
ノンアルコール、ノンシュガーで、必須アミノ酸やビタミンB群、オリゴ糖などが豊富に含まれてます

飲んでみてまずびっくりするのがノンシュガーなのに、めちゃくちゃ甘いんです
それも嫌な甘味ではなく、体に良さそうな甘味なんです

飲み物としてだけでなく、砂糖の代わりに調味料として料理にも使えます

檀れいさんも、甘酒を2.3日おきに作るって言ってましたね

道端アンジェリカさんも
小腹がすいたときや寝る前に飲んでいるようです

私の知り合いも、自分で作って毎日飲み出してから
お肌がツルツルしています

甘酒にはビタミンB群、必須アミノ酸、オリゴ糖などが含まれているので栄養たっぷりで
美容だけでなく、食が細くなったお年寄りや運動部の成長期のお子さんにもおすすめなんです
米麹の甘酒はアルコール0%なので子供でも飲めます
ただ、甘酒といえば、酒粕で作ったお砂糖の入った甘酒を思い浮かぶ方が多いと思いますが
いま注目されている甘酒は米麹からつくられたもので、ノンアルコールなんです
お米の甘さを引き出しているのでノンシュガーでクセがなく飲みやすいです

子供の頃に飲んだ甘酒のイメージは「おいしくない」という方に是非オススメです

米麹の甘酒のおすすめは

私のおすすめの米麹の甘酒は「花巴」醸造元の美吉野醸造さんが造る、昔ながらの手造り甘酒や
国菊 あまざけですが、他にもゆうこりんのおすすめの甘酒や平子理沙さんや安田美沙子さんのおすすめの甘酒もご紹介します

美吉野醸造の甘酒って

美吉野醸造は千本桜で有名な吉野山の近くで、「花巴」というお酒が人気の小さな酒蔵です。
清酒造りのノウハウを活かした力強い麹の力でじっくり発酵を進め、防腐剤や糖類等、添加物を一切使用しない米本来の濃醇な甘みが楽しめます。
明治45年創業のこだわりの酒蔵なんです
ツブツブが米粒の形をしていて、甘さも控えめではありますがホント美味しいです

送料はかかりますが楽天でも購入できます

カロリーは表記がありません

国菊 あまざけ

2008年モンドセレクション「ダイエット食品&健康食品部門」金賞受賞
カロリー:112Kcal(100gあたり)

八海山 麹だけでつくった甘酒

ゆうこりんが今までで一番!と太鼓判をおす甘酒です。
八海山 麹だけでつくったあまさけ
とても飲みやすい甘酒です。甘ったるい感じがなく、スッキリした飲み口で、冷たくても、ホットでも飲みやすいです

天鷹酒造株式会社 有機大吟醸あまさけ

平子理沙さん
天鷹酒造株式会社 有機大吟醸あまさけ 300mlビン×3本 クール冷蔵便

マルコメ プラス糀 米糀からつくった甘酒

安田美沙子さんもおすすめ
国産米100%、一本125mlあたり・93kcalで

甘酒 米麹のカロリーって 

甘酒のカロリーは一般的には
どちらの甘酒も100mlあたり81kcalとなっています

ただ、いままで、ご紹介した甘酒もカロリー表示があるものないものがあります
カロリー表示されているものも結構違います
マルコメ 甘酒 は一本125mlあたり・93kcal⇒74.4Kcal(100gあたり)
国菊 あまざけは112Kcal(100gあたり)

甘酒 手作りの米麹のカロリーって

市販されている甘酒もカロリー表示があるものないものがありますが
手作りの甘酒のカロリーの目安ってどれくらいなんでしょうか?

米麹は100gあたり286kcal、米麹ベースの甘酒に欠かせないお米は100gあたり356kcal、酒粕は100gあたり227kcalとなっています。

数字だけ見ると、甘酒はやっぱり高カロリーな飲み物とおもってしまいますが
米麹+お米、酒粕だけで作られているわけではなく、水を入れて作りますので
実際にはあの甘さの割にはカロリーが低いのです

酒粕タイプのものは甘酒のカロリー+糖類のカロリーとなり
糖類のカロリーの目安は砂糖大さじ一杯が35kcalなので
酒粕ベースの甘酒よりも、米麹ベースの甘酒の方がカロリーが低くダイエット向きといえます

手づくりで甘酒を作る場合はお米の甘さを生かし、砂糖不使用で作ればカロリーをグンと抑えられます。